:: SAMSUNG VARICOSE VEIN NETWORK :::::::::::::::::::
 
 
 
 
 

For foreign customers, we will carry a sign-board to meet you at the airport. We provide a pick-up service to bring you to our clinic from the airport. We also provide hotel reservation service for you after your surgery.

 
下肢静脈瘤とは?
下肢静脈瘤の原因は?
静脈瘤治療が壊れた静脈血管を除去する治療...
男性と女性において下肢静脈瘤の発生頻度が...
 
 
人体の血管は動脈と静脈からなっていているが、二つの血管の機能は異なる。 動脈は心臓から酸素や栄養分が豊かな血液を人体の各部位に運ぶ役目をしていて、静脈は動脈とは反対方向に、酸素や栄養分が消耗され...
 

人体の血管は動脈と静脈からなっていているが、二つの血管の機能は異なる。
動脈は心臓から酸素や栄養分が豊かな血液を人体の各部位に運ぶ役目をしていて、静脈は動脈とは反対方向に、酸素や栄養分が消耗された、老廃物だけの血液を再び各身体部位から心臓に送ってくれる役目をしている。
普通に血液循環がよくないということは動脈の閉鎖や狭くなることで誘発される場合のみを話すことが多いが、これは思い違いで、静脈血管が壊れることによって発生される血液循環障害もある。
静脈は足先から心臓まで老廃物の一杯な血を運ぶために静脈の中に、一方向のみに循環されるように、弁膜構造を持っているが、この弁膜が壊れるようになると静脈血が上の方に上がれないようになって下の方に零れ落ちるようになるので、下の静脈がますます拡張されていき、循環されられなかった静脈血が底流するようになる。
普通はこの時拡張された脈血管をスパイダーベインズ又は静脈瘤と呼び、スパイダーベインズは小さくて皮膚の表面のすぐ下に位していて、静脈瘤は大きく拡張されて、うどんの太さで、蛇行しているように見えるし、皮膚の内側に位している。
普通の脚の痛みは拡張された静脈と関連がある。さらに、長時間立っている場合や朝よりは夕方になるほど脚の疲れ、脚の重い感じ、痛症、ほてる感、拍動される感じ、かゆみ, 足震え、痺れる感じなどがあるし、筋肉痙攣がよく起きるようになる。
足のむくみも誘発されてひどい場合足肌の湿疹や炎症, 怪死まで発生することができる.
下肢静脈瘤は目に見える部分より見えない部分がもっと膨らんでいるし、もっと重要なことであるので、診断の時どのぐらいこのような見えない部分のことが正確に把握できるかどうかが非常に重要なことである。
このような診断は血管ドップラー検査とカラー血管超音波検査を利用して、痛症のないように10~15余分間検査した後すぐ分かるようになる。

 
 

もっとも重要な原因は遺伝的素因であり、男性より女性の発生確率が約3倍ぐらい高い。
したがって、両親の中に下肢静脈瘤がある場合、娘は下肢静脈瘤が発生するかどうかのことを 注意深く見なければならない。
40~50代の女性の中で約50%は下肢静脈瘤を持っていて、女性ホルモンの変化をもたらすことがある思春期、姙娠、閉経、経口避妊薬などは下肢静脈瘤を早く進行させる。
普通は姙娠3期に入ったら静脈瘤が発生するか悪くなるが、これは大きくなった子宮が脚から上って来る静脈循環を邪魔するし、姙娠が女性ホルモンの変化を誘発させるからである。
出産した後約3ヶ月経つと拡張された下肢静脈が細くなるが、遺伝的素因があるか立ち仕事をする場合にはもっと進行されるようになる。
その他の原因によって老化されたり、長時間の立ち仕事又は座り仕事、肥満、脚の外傷などが挙げられる。

 
 

一つは圧迫ストッキングのような保存的療法であり、二つは血管硬化療法やレーザー、手術或いは高周波のような根治療法である。
ほとんどは保存的療法と根治療法を適当に使用すれば最高の効果が得られる。

 
 


血管の専門医と1対1の相談及び診察によって脚及び身体の症状について下肢静脈瘤との連関性及び大略的な治療構想をした後血管ドップラー検査とカラー血管超音波検査から目に見えない部分まで完全に把握した後下肢静脈瘤としての診断が行い、具体的な治療法まで相談する段階である。



下肢静脈瘤は目に見える部分とこの部分と連結されている目に見えない部分とから成っていて、
初めて下肢静脈瘤の発生する所は股ぐら部分とひかがみ部分であり、そこから始まった静脈瘤が下の方に進行しながら、木から枝が伸びるように、静脈分枝を作り皮膚の表部まで上って来たように見える構造である。
下肢静脈のマップの作成は目で把握した部分と検査から把握した見えない部分とを絵として描いて患者に見せて理解をさせる段階である。


レーザー治療はFDAから承認された治療法であり、局所麻酔してから治療するため禁食や血液検査なしで直ちに施行して、治療の後すぐ歩けるし、心臓疾患や肝疾患、腎臓疾患のある患者にも安全に施行することができる手術である。
この治療は血管超音波を見ながら細いレーザー光ファイバを膝近くのところから、血管注射を打つように、静脈の壊れた最初の位置まで入れてレーザーを血管の中で打ちながらゆっくり抜き出す過程であり、治療の後壊れた静脈は詰まり、正常血液循環を回復した後、治った静脈は徐徐に吸収されて消えていく。
この時皮膚の表部の蛇行している静脈分枝は大きさや太さ、位置などを参考して血管硬化療法や局所静脈切除術を行って除去することができる。
したがって、目に見えない静脈部分はレーザーを利用して治療し、見える毛細管の拡張、スパイダーベインズ、静脈瘤は血管硬化療法や 局所静脈切除術*から治療する。
レーザーを利用した治療から静脈血液循環障害の回復という機能的な治療が行い、局所静脈切除術と血管硬化療法によって美容的な治療も共に成り立つ。

局所静脈切除術
局所痲酔して針穴(約1~2mm)の微細切開によって皮膚の表部に見える静脈瘤を直ちに除去する術法。

 

レーザー治療は既存の手術によって除去する方法を取り替えることができる治療法で、局所痲酔して血管超音波を見ながら血管注射針を通じてレーザー光ファイバを壊れた静脈の中に挿入した後レーザーを血管の中に打って血管の治療を誘導する治療法である。
2002年度にFDAから承認された以来、レーザー治療法について多くの論文が発表されていて、当院からの3件の研究論文も世界雑誌(Dermatologic Surgery, Journal of Vascular Surgery)に載せて、このような研究は共にレーザー治療が手術より優秀な方法であることを見せている。
手術に比べ、傷がないこと、院する必要もないこと、治療直後から歩けること、痛症も少ないこと、治療に係わって現われる余病もほとんどないことがあげられる。
治療した後、圧迫ストッキングを約2~4週間はくことであるが、治療直後48時間は日夜はいてその後は昼の立っている間のみはけばいいことで、その時からはシャワーすることもできる。
局所痲酔でのみ治療するので治療の当日から軽い観光や旅行ができるし、心臓疾患や肝疾患などの慢性疾患にかかっている患者や患者も安全に治療することができる方法である。

 
 

血管硬化療法は静脈瘤とスパイダーベインズ、毛細管の拡張などへ多様に使える治療法で、とても小さな針を静脈の中に挿入してSTS(sodium tetradecyl sulfate, FDA承認)という薬剤を投入して静脈血管を詰まらせ、結局は徐徐に吸収されて消えていくように誘導する治療法である。
血管硬化療法を施行してからすぐ下肢静脈瘤と関連のある症状は消えて、表面から見える血管も徐徐に消えて美容的でも脚がきれいになり、全体的に脚が細くなる効果が見えるようになる。
血管の消える過程は治療直後にあざができてから約2週間にあざが消え、治った血管たちが固くなり着色されて黒く見える過程を経って約1~6ヶ月の間に徐徐に吸収されて消えるいくようになる。
痲酔などが必要にならない治療法であるので、治療直後の活動に制約がなくて圧迫ストッキングを約1~4週間はくことであるが、治療直後48時間は日夜はいてその後は昼の立っている間のみはけばいいことで、その時からはシャワーすることもできる。

 
 

血管超音波誘導の血管硬化療法
この療法は血管超音波を見ながら皮膚の下側にある太い静脈に対して硬化療法を施行する方法で、手術やレーザー治療を取り替えることができるが、血管専門医の判断によって施行する。

 
 

治療後の足しびれ、筋肉痙攣、脚の重い感じ、疲れなどの症状が消え脚が軽くなる。脚のむくみが消えるので全体的に脚が細くなります。
下肢静脈瘤は血管疾患であるので脚だけではなく身体の多くの部位から症状が誘発されることがあるが、代表的に肩こり、後首の引っ張られる感じ、頭痛、睡眠障害、疲れなどがあり得て、このような身体症状の状態が共に良くなる。